フィンドホーンからの帰りに、乗り継ぎのアムステルダムで数日観光しました。

アムステルダムではオランダ人の友達と9年ぶりに再会しました。
久しぶりでしたが、9年経ってもまだ彼は日本のことを好きでいてくれてました。
自分は日本のことが当たり前になっているせいか、日本の良い所より悪い所に目が行ってしまうのですが、彼は日本の良い所をいつまでも記憶していてくれて、とても嬉しかったです。

 

ところで、話題が日本人の働き方についてになった時に、「どうして日本人はそんなに長時間働くんだ?」と聞かれました。
オランダでは残業はほとんどないし、3週間とかの長期休暇は毎年必ず取るそうです。

 

「そうだよね、長時間働くこと自体は決していいこととは限らないし、無駄に長く働いていることのほうが多い。休みだってうまく時間をやりくりして長期休暇を取ったほうがリフレッシュできて絶対にいい。みんなもきっとそうは思っている。だけどそうできないのは、できないのが当たり前だと思いこんじゃっているからじゃないかな。」みたいな感じで答えたのですが、彼ももちろんそんなことは想像できているんでしょうけど、「そう思ってるなら、そうすればいいのに」と言いたげな感じでした。

 

そうなんですよね。それはわかっている。だけどできない。
いや、できないというより、やろうとしない。やる勇気がない。

 

みなさんにはそれぞれの制約がある。自分の都合だけでは決められないことも多いでしょう。
そういう意味では、自営業で一人で仕事している自分なんかは、本当に自分が「やる」と決めればできる事ばかり(な、はず)。
だけど、やる勇気が出せない。

 

とある人が、こんな事を言っていました。
「変わることには勇気がいる。何か新しいことをして悪くなったらどうしようと不安になるから。だけどそう思ったら新しいことをすることが怖くなる。良い方にしか変化しないと自分に言い聞かせて、新しいことに挑戦するしかない。そうすれば、きっと良い結果が訪れる」と。

 

そうですよね。きっとそうなんでしょうね。
それはわかっている。だけどその勇気がない。

今の自分はそんな感じです。

 

フィンドホーン体験・ヨーロッパ旅行記:終