そば六郷とマサカノバーガー–九州旅行記(2)

旅の楽しみの一つに食事があります。今回は大分で印象に残ったお店を二つご紹介します。

一つ目は、そば六郷(りくごう)。
https://www.facebook.com/rikugou.soba/

国東半島の山の中にポツンとある古民家のお蕎麦屋さん。完全予約制で、ランチは5千円、1万円、1万5千円のコース料理のみという設定。(私は勇気を出して5千円のを頼みました)。近くに田染荘(たしのぶのしょう)という田んぼのきれいなところがありますが、それほど有名な観光地というわけでもありません。そんな立地でこの設定。強気に思えますが、それは戦略でしょう。完全予約制ですから通りすがりにふらりと入る人はいないので、新規客は紹介か口コミか何かしらの媒体から。だとすると多少高くてもそれに見合ったものを提供してくれると事前情報からわかっていれば予約して行ってみようとなりますし、私のような旅行者だと奮発してみようという気にもなりやすいでしょう。逆にこれを少し安くしたところで来るお客さんの数がそう変わるとも思えません(コロナで席数も減らしてることでしょうし)。だとしたら高めの値段で、そのぶん上質なものを提供するほうがいいでしょうね。

などと専門家気分で書いてしまいましたが、ここはとても良いお店でした。お料理、雰囲気、サービス、どれをとっても満足で、旅の良い思い出になりました。5千円は十分に価値のあるものでした。5千円でこの満足感。1万円のコースだとどうなるのか?気になりますね。次に行く時は1万円を頼む気がします。

そば六郷の店内。
田染荘、夕日観音から見た景色。癒されます。

二つ目は、マサカノバーガー
http://masakano.chillout.jp/

こちらも国東半島で、大分空港近くの海近くにあるハンバーガー屋さん。店名の由来どおり、こんなところに「まさかの」?というような立地です。お店は手作り感があり、オシャレでアットホーム。いい雰囲気です。私はハンバーガーが大好きです。上等な味覚はもっていないので食通の人のようなコメントはできないのですが、ここのハンバーガーは美味しかったです。また食べたい。ここは海のすぐ近くなので、テイクアウトにして海辺で食べるとさらに美味しさが増します。美味しいハンバーガーは東京でも食べられるけど、この景色はここだけです。晴れた日に、海風を浴びながら、美味しいハンバーガーとコロナビール。幸せです。すぐ近くの奈多宮という神社も風情があるので、そちらもオススメします。

そば六郷にもマサカノバーガーにも共通して感じましたが、そのお店のこだわりが感じられて、楽しそうに仕事をしているお店というのは本当に魅力的です。立地が不便だとしても、それを上回る魅力があれば商売はできるんだなというのを感じさせられました。東京という大都市の人口が多いことに甘えながら商売をしている自分としては、考えさせられる点でもありました。

旅程メモ
3日目:杵築のマサカノバーガーでランチ

前の記事

SBG–九州旅行記(1)