今年の年始に「着物を着るぞ」と抱負を決めました。着物は温泉旅館の浴衣しか着たことはなかったのですが(しかもちゃんと着れていない)、なんとなく着てみたいと思って挑戦することにしました。

知識はほぼゼロなので、まず最初に本を買って読みました。
「自由にいこう!男着物」(鴨志田直樹:著)は参考になりました。

次に、着物の古着屋さんに行って現物を見てきました。
僕が行ったのは福服というお店。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/fukukimono/

本を見て予習したけどどれを買ってよいかわからず、あきらめて帰ろうとした時に、セール品売り場で良さそうなものを見つけました。値段は羽織1100円に着物も1100円と格安です。本で予習した適正なサイズより小さいのですが、初心者にはそれは気にならず、なにより色が気に入ったので買ってしまいました。なんと20%オフセール中だったので、帯3300円と合わせても5千円弱で買うことができました。着物は高いというイメージだったので、この値段で買えてとてもラッキーでした。

今回の最大の難関は帯結びでした。
本やサイトを見てもよくわからなかったのですが、動画をみて何度か試したらできるようになりました。正しくできているかはわからないけど、ほどけてはこないので大丈夫でしょう、きっと。

そしていよいよ着物デビューです。いきなり街中に出ていくのは怖かったので、ドライブに着ていくことにしました。車なら着替えの洋服も持っていけるし、いざとなれば車の中で洋服に着替えることもできます。

記念すべき初日は、山梨へ行きワイナリーを巡って、温泉に入ってきました。着物なんて着ていると周りの目が気になるかと思ったのですが、全然そんなこともなく、途中からまったく気にならなくなりました。とは言っても話しかけてくれる人もいたし、普段とは違う服を着ているので、非日常感もありました。コスプレイヤーの人はこんな気分なのかなとも思いました。

 

ということで、無事に着物デビュー終了。
今回は「お試し」だったので、(着物の下着の)長襦袢ではなくハイネックのシャツを着て、足袋の代わりに五本指ソックス、草履ではなくスポーツサンダルでした。(しかも寒いので下はタイツ穿いてました)。お試しでしたが、このスタイルはとても気楽で快適だったので次回もこれになりそうです。正統派の人からすればこんな着方は邪道でしょうが、僕としてはこれで満足ですし、じゅうぶんに楽しかったです。何か新しいことを始める時に、まずは気軽に、そして楽しむことからするのはいいことですよね。堅苦しい作法に囚われても息苦しいですから。なので今回はとてもうまく行った初挑戦となりました。