北陸でもご要望を頂いて出張施術をしてきました。
遠く離れた場所でも、こうやって施術の依頼を受ける事と施術ができる事をうれしく思います。

今回の施術は私が泊まるホテルの一室で行いました。なので、施術専用のマッサージテーブル(台)ではなく、普通の就寝用のベッドです。
(※本文では「ベッド」と「マッサージテーブル」を上記のように使い分けます)

実は私はベッドでの施術を学校等で習ったことはありません。他で習った技術を応用して自分ながらにアレンジしています。だから、未だに「もっといい方法はないだろうか」と模索している状態です。

ベッドでの施術の自分の一番の問題点は「やりづらい」ことと、それがお客様に伝わる事です。
スペース的に十分でないこともありますし、柔らかいベッドの上を歩いて移動することもあります。施術環境はその場所(ホテル)によって変わります。どうしても当店でのマッサージテーブルと全く同じという訳にはいきません。

とは言っても、ホテルやご自宅等で施術を望む方もいますし、それにお応えしたいという気持ちもあります。なので私は以下のことに気をつけながら出張施術しています。
「(条件的に)やれない事は無理にやらない」「効率的な方法でやる」「”いつもの”に囚われないで、与えられた環境でのベストを尽くす」

長年の経験からある程度のパターンはできつつありますが、それでも毎回違う環境での「挑戦」を楽しんでいます。

自分もそうですが、出張や旅先などではホテルでマッサージを受けたくなりますよね。だけど、いざマッサージを呼ぼうと思ってもなかなかうまく選べない。
そんな時の選択肢になってもらえたらと思い、出張先で施術しています。