休みを取って北海道に行ってきました。
北海道は(ほぼ)初めてだったのですが、とても良いところでした。

旅の前半は旭川への知人訪問。その時に美瑛を観光してきました。
美瑛には「セブンスターの木」とか「親子の木」みたいに「○○の木」という観光名所が多いのですが、僕もそのうちの一つ「クリスマスツリーの木」に行ってきました。
あまり期待しないで行ったのですが、行ってみたらとてもきれい。あいにくの曇り空でしたが、それもまた冬の景色らしくてよかったです。

 

木なんてどこにでもあるのに、なぜこんなに魅了されるのでしょうか。不思議です。
確かに、この広大な土地や白くてきれいな雪は美瑛ならではかもしれませんが、他の土地でも、その土地ならではの美しさを持った木があるはずです。そう思うと、この国(世界)にはまだ知られていない美しい景色がたくさんありそうですね。
そんな「宝探し」をしたくなりますね。