梅雨も明けて、一気に暑くなりましたね。

一部のお客様に、暑中見舞いのハガキを出しました。

昔は手紙を出すのが好きでした。
旅先で絵葉書を出したり、特別なことがなくても友達に手紙を出したりしていました。
今は時代が変わってEメールやアプリのメッセージになり、手紙も出さなくなりました(個人的な年賀状もほとんど出さなくなりました)が、それでも基本的には好きです。
なぜでしょうか。
出す時に相手のことを思い出しながら書くのが好きなのかもしれません。

今回の暑中見舞いですが、受け取ってもらった時に嬉しく思ってくれればいいですが、それは期待しないようにしています。
逆に嫌がられている可能性はありますし、それも仕方ないことだとも思っています。
それでも、喜んでもらえたら嬉しいと思いながら出してはいます。

暑中見舞いをお送りするのは最近ご利用くださった方にしています。
本当は、ご無沙汰していて「元気にしているかな?」と気になる方にこそお送りしたいところですが、店と顧客の関係で友達というわけではなないですし、善意の押しつけにならないように敢えて出さないようにしています。ほどほどの距離は必要ですしね。


最近の夏は35度も当たり前のようになってきて、厳しい暑さですよね。
だけど、夏には夏ならではの良さがあるはず。

スイカがおいしいとか、
生ビールがうまいとか、
冷房を効かせた部屋で布団をかけて寝るとか(?)

夏の楽しい部分を楽しんでいきましょう!