今年の初めから、右肩に五十肩みたいな痛みが出ています。
思い当たる節はないのですが、きっと筋トレで痛めたのでしょう。

五十肩は原因が肩関節の中に起こるもので、私の場合は三角筋という外側の筋肉が痛いので五十肩ではないのですが、肩より上に腕をあげようとすると痛みが出たり、上着を着ようと袖を通す時に痛くなるので、五十肩気分を味わっています。

五十肩は一年くらい続く可能性があると言われているので、これが一年も続いたら困るだろうなぁと五十肩をお持ちの方に同情をしています。

趣味で筋トレをしているのですが、肩が痛いので上半身の筋トレはできることが限られてしまっています。安静にした方がよいのだろうかとは思いつつも、怪我をしてない部位は普通に動かせるし、動かさないと筋力が衰えてしまうので、肩が痛くならない動きを探しながらトレーニングしています。

肩が痛いのは困りものですが、できる動きを探すというのは意外と楽しいものですし、普段とは違うトレーニングをすることになり、ある意味で怪我の功名です。(指導してくれているパーソナルトレーナーの方には感謝しています。)

「痛い」「できない」にフォーカスしてしまうと気持ちもネガティブになってしまうので、「これは痛くない」「これならできる」とポジティブなほうに意識を向けさす良い機会にもなっています。


ちなみに画像は本文とまったく関係ありません。