今回のタイ旅行では、学校に行くチェンマイの他に、5日間バンコクにも滞在しました。
バンコクへは何も予定を立てないで行きました。

私は旅行が好きで、特に事前にアレコレと計画を立てるのが好きです。それはそれで楽しいのですが、「チョイ住み」というテレビ番組みたいに、ふらりと現地を散策するような旅行に今回はしようと思ったのでした。

バンコクに泊まったホテルの部屋から、モスクが見えました。
その日は何も予定をしていなかったので、そのモスクに行ってみることにしました。
名前も場所もわからないモスク。Googleマップを使って、「たぶんこっちの方だな」とバスにも乗って(ちなみに初めてのバス。かなり緊張)、たどり着きました。
観光客向けではない、普通のモスク。扉は閉まっているようです。せっかく来たのに入れる雰囲気じゃないなぁと思っていたら、係の人が中を案内してくれました。

モスクを案内してくれたこの人はとても良い人でした。

タイのこともイスラム教のことも、タイとイスラムの関係もよくは知りませんが、僕にとっては良い思い出となりました。

チェンマイではジム(スポーツクラブ)に行ってました。
わざわざ外国にまで行ってジムに行くの?と思わなくもないのですが、「チョイ住み」ぽくて自分的にはアリでした。

ホテルのすぐ近くのカドスワンケオという商業施設の中のジムは、ビジターで1回70バーツ(約210円)と破格。だけど僕は200バーツ(約600円!贅沢!)もするFitness Thailandというジムに行っていました。
このジムにはスタジオがあって、body pumpというみんなで筋トレをするクラスに出ていました。

タイには「ゆるい」印象がありますが、このジムもゆるかったです。
スタジオプログラムは時間通りに終わらない・始まらない。プログラム中も、途中で出入りする人、他の事をやりだす人など、かなり自由です。
だけど、それで何か問題が起こるかというと、別に何にも問題はない。
ただ、勝手に自分で「こうあるべきだ」というルールに囚われているだけな気もしました。
「日本は(暗黙のも含めて)ルールが多いなぁ。もっと自由にやってもいいんじゃないの」と思いました。