トレガーアプローチのワークショップで、言われた言葉があります。
「その半分の力でやってみるとどうでしょうか」

これは、「メンタスティクス」という自分の体を動かす時にも、「テーブルワーク」という人の体に施す時にも言われました。

ついつい頑張っちゃってしまう時に「その半分の力で」やってみると、意外と良い結果になる時があります。
無駄な力みが取れて自然な動きになったり、
力を減らしたつもりがより効果的になったり、
同じことをしているのに力が減ると違うところに作用したりと。

先日、これが日常生活にも応用が利くことを体験しました。

ちょっと嫌なことがあり腹立たしく思っていたのですが、ふとこのことを思い出し、「今の半分の力で怒ってみよう」と思ったのでした。

そうしたら、次第と自分の気持ちが和らいでいきました。

「怒るのをやめよう」だと、自分の気持ちが収まらずにうまくいかなかったかもしれません。
「半分」だと、怒る自分も認め、怒るパワーも減らせ、ちょうど良い感じに収束しました。

みなさんも何かちょっと嫌なことがあったら、その怒り方を半分にしてみませんか?

 

ワークショップ記・終