和太鼓の演奏で有名な、鼓童の公演を見てきました。

 

私はあまりコンサートや舞台を見に行きません。
良い席が取れればいいのですが、後ろの方の席だと演者はよく見えないし、音はスピーカーからだしで、「これだったら家でDVDで見てた方がいいんじゃない?」と思ってしまうからです。(DVDってのが古いですね、、、)

 

けど、そうは言ってもたまには見たくなります。
今回は前のほうの席がとれたので、久しぶりに行ってきました。

 

公演はなかなかよかったです。
行ってよかったです。

 

和太鼓の振動が客席にまで伝わってくるのはテレビでは体感できないことですね。
演者の筋肉の動きに魅了され、息づかいまでもがわかるのはまさしくライブでした。

 

今は、インターネットがあればパソコンやスマホの画面でいろんなものが観れます。それは便利ではありますが、あくまでもバーチャル。実物とは違います。バーチャルが悪いわけではありませんが、リアルを楽しむのとは別物。それを思い出させてくれました。