一泊二日で茨城に旅行に行ってきました。
主な目的は、大洗磯前神社と袋田の滝の紅葉でした。

大洗磯前神社は鳥居が海の中、そして東側にあるので、日の出スポットとしても人気です。
当日は残念ながら曇り空での日の出でしたが、それでもとてもきれいでした。

袋田の滝もちょうど紅葉していてきれいでした。
ここは交通の便が(悪いわけではないけど)それほど良いところではないのですが、多くの外国人の観光客も見に来ていました。遠くからわざわざ調べて来てくれるのはありがたいことです。

私は旅行が好きですが、世の中には旅行好きではない人もたくさんいます。
日の出を見るのが好きですが、そんなものに興味もない人も多いことでしょう。
紅葉も海も滝も当たり前で面白くも何ともないと思う人もいれば、それを見て感動する人もいます。

よくある田舎の風景、よくある都会の風景が、見る人によってはつまらなく、見る人によってはとても素敵に見えます。
その違いは、良いものを見つけて価値を見出し、楽しめられるかどうかな気がします。
いいとか悪いとかではなく、それをするかしないか。

そして、それは旅だけでなく、他のこと、例えば人にでも当てはまるのではないでしょうか。
ある人の良い所に気づこうとすれば、きっとどんな人にも素敵な部分があるような気がしますし、それをしないと同じ人でも違う評価になってしまう気がします。

ありふれたそのままの日常の中の良い部分を感じられるようになりたいですね。