「人は何のために生きていくのか」というと、とても大きなテーマになりますが、それほど大げさに考えなくても「幸せになるため」というのもいいんじゃないかと私は考えています。
「何のために生きていくのか。幸せになるため。」
どうでしょう、ダメですか?ダメじゃないと思うんだけどなぁ。

けど、自分でそう思いながらも、実際には「幸せになる」という方向を選ばない(選べない)ことも多々あります。

例えば、何か大変なことが起きたときに、「こうしたほうが自分が幸せになれる」こと基準に選択して行動していけばいいと思うのですが、ついつい「自分の為ではなく人の為に」頑張ったり、「楽を選ぶより苦労をすることの方が大切だ」と意味もなく思ったりしてしまうことも多いです。「我慢や苦労は美徳」という習慣からなかなか抜け出せないんですよね。

「幸せを追求することは正しい事だ。間違いではないんだ。」と自分に言い聞かせつつも、実行するのはなかなか難しいなといつも感じています。

みなさんも、もし何かトラブルにあったり大変になった時は「より自分が幸せになれる」方を選んでくださいね。

ということで(?)、美味しいものを食べて幸せになることは正しい事なのであります。
昨日は、ロティサリーチキンを食べてきました。手袋をはめてムシャムシャと。
美味しくて幸せです。